パワーストーンの処分方法

身につけることでさまざまなパワーを得られるパワーストーンですが、石が割れてしまったり願いが叶うなどして不要になった時に、どのように処分すればいいかご存知でしょうか。



そのまま捨ててしまうとよくないのではないか、自然のものなのだから自然にかえすのが一番ではないだろうかと考える方も多いかと思います。


ですが、実際に川に流したり土中に埋めたりといった行為は不法投棄にあたるため、してはいけません。



かえって環境破壊の要因になりえます。

植毛 愛知ならこちらが人気です。

まず、アクセサリーなどに加工されているものは可燃物と不可燃物とに分解してから、それぞれ処分しなければなりません。
パワーストーンの部分はしっかりと浄化を行い、何もない状態に戻します。あとは不可燃物として処分となります。



浄化には塩で清めたり日光浴や月光浴、セージやさざれ石を使うなどいくつかの種類がありますが、どの方法でも問題はありません。

今までの感謝の気持ちを石に込めてから手放すことが大切です。それでもごみとして処分するのに抵抗がある場合は、石の回収を行っている神社や寺に納めることもできます。

皮膚科 医療レーザー脱毛関しての情報探しを行うならネットが便利です。

ただし、すべての神社や寺でできるわけではないので、事前に確認し、一通りの説明を受けましょう。宝石店で不要になった石を回収するサービスをしている場所もあります。



一度は何かしらの縁があり身につけたパワーストーンですので、最後まで責任を持って処分しましょう。



きっちりとしたお別れをすることで、また新しい出会いにつながっていくのです。



関連リンク

  • 不思議な力を秘めているパワーストーンは、ブレスレットやペンダントなどにして日々身に付けていると、身に付ける人を守ってくれたり、願いを叶える手助けをしてくれるとされています。しかし、天然石は浄化をしないまま使っていると、本来の力を発揮しにくくなるので、それぞれの天然石に合う方法で浄化していくことが大切です。...

  • 身につけることでさまざまなパワーを得られるパワーストーンですが、石が割れてしまったり願いが叶うなどして不要になった時に、どのように処分すればいいかご存知でしょうか。そのまま捨ててしまうとよくないのではないか、自然のものなのだから自然にかえすのが一番ではないだろうかと考える方も多いかと思います。...